ハンドミキサーでササっと。メレンゲの作り方

さまざまなお菓子の材料となるメレンゲ。今日はその基本の作り方を確認しよう。

今回のコツは砂糖の入れ方にあると有希乃先生は言う。
砂糖を分けて入れることで、メレンゲがしっかりとしたつやのあるものに仕上がるのだ。
砂糖の入れるタイミングを追いながら完成まで見ていこう。

 

用意する材料

卵白 Mサイズ卵1つぶん(約35g)
グラニュー糖 大さじ1(約13g)
*卵白は新鮮なものを使い、よく冷やすこと。泡立ちやすくなる。
*メレンゲに油分や水分はNGだ。ハンドミキサーやボウルは使う前によく拭いて、メレンゲに余分なものが混じらないようにすること。

最初にまずひとつまみ

卵白を泡立てる前に、まず砂糖をひとつまみ入れよう。
入れたら早速ハンドミキサーをかけていく。メレンゲを作るときは、強さを【最速】に設定する。
ボウルは少し傾けたほうが全体をかき混ぜやすい。


 

石鹸のような粗い泡が出てきたら

白っぽくボリュームが出てきて、石鹸のような粗い泡が出てきたら、一度ハンドミキサーを止めて砂糖を1/3だけ入れよう。
砂糖を入れたら軽く混ぜ、再びハンドミキサーを【最速】でかける。


ミキサーのあとが残り始めたら

ミキサーのあとが筋となって残るようになったら、再びハンドミキサーを止めて砂糖をもう1/3入れよう。
砂糖を入れたらもう一度軽く混ぜて、再びハンドミキサーを【最速】でかける。


羽に絡み始めたら

メレンゲがハンドミキサーの羽に絡むように立体感が出始めたら、残りの砂糖を全部入れる。
ここまま持ち上げるとまだメレンゲが緩い状態なので、もう1度ハンドミキサーを【最速】でかける。
ここから先はかけすぎると卵白と砂糖が分離してしまうので、注意しながら進もう。

さあ、ラストスパートだ!


角が立ったら

たっぷりメレンゲを持ち上げた先でしっかり角が立つようになったら完成だ。
さきっちょが少し折れるくらいがシフォンケーキにちょうどよい。

 

Tom
TOM

ふわっふわでおいしそう~! 早速ケーキでも作ろっと!

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }