バイトで着ている服の臭いが気になる… 服の臭い除去の方法を大公開 | マスタードTOM  

バイトで着ている服の臭いが気になる… 服の臭い除去の方法を大公開

みなさんはアルバイトで飲食店や総菜を扱うような場所で働いたことはあるでしょうか?

働いていた方はある一つの悩みを抱えていたと思います。

それが…「服のにおい」

汗はもちろん、飲食店特有の油のにおいや食べ物のにおい、また皿洗い時などに濡れてかび臭くなるなど、様々なにおいの要因が重なり今までの服では嗅いだこともないにおいになり、驚いた方も多いと思います。

そんなバイトで着用する服のにおいの対処法を今回は紹介していこうと思います。

臭いの原因とそれぞれの説明

まず最初に、服の臭い対策や予防に役立ちますので、「ニオイ」とはどのようなものなのかをご説明させて下さい。

ニオイとは目に見えませんが小さな小さな粒子です。

あまりに小さいので空中を浮遊します。このニオイの粒子が鼻に入ることで臭いを感じるのです。
ですので服がクサイのは、何らかの原因でニオイ粒子が服に蓄積されている状態なのです。

 

参考 https://etiquepure.com/wear-smell-6632#1

体臭の蓄積による服の臭い

体臭の原料は汗と皮脂です。汗は発生した直後は無臭なのですが、汗が服に付着するとこの汗をエサに菌が繁殖します

そして菌は繁殖する際の老廃物としてニオイ物質(ニオイの粒)を出すのです。これが体臭が発生する主たる原因です。

そのため1日中バイトをするときにはこまめに汗を拭いたりすることをお勧めします。

外から付着する服の臭い

飲食店においては最もつきやすい臭いの原因かもしれません。

油や食材の臭い、タバコの煙など様々な臭いのもとがバイト先にはあると思います。

ただこの臭い、数日服を放置しておくと「臭いが消えた」と感じたことはありませんか?
それは最初に説明した服に付いた臭いの粒がくっついてきたように再びどこかえ飛んで行ったためです。

外からついた臭いに気になる方は陰干しなどをしておくことをお勧めします。

生乾きによる服の臭い

汚れた服は、毎日のように洗濯しているのに、洗濯物から嫌なニオイがする場合、それは生乾きの臭いである可能性があります。
生乾きの臭いは、洗濯後の服に含まれる水分(水道水)を元に雑菌が繁殖することが原因です。

人間の汗や皮脂に比べると水道水の成分は栄養分は少ないので、強烈な臭いはしませんが、水道水中のミネラル分などを栄養に菌が繁殖し、その際ニオイ物質が発生します。

特に温度と湿度が高いこれからの季節は発生しやすいので注意が必要です。

部屋干し用の洗剤、柔軟剤を用いたり乾燥機を使うなど生乾きの元を作らないように意識しましょう!

 

その他の対処法

服をローテーションする

制服を1着で回すと2日連続勤務の場合などには洗って乾かす時間がなかったり、

洗っても乾かしきれず生乾き臭が逆についてしまうことがあります。

シフトに多く入るつもりなら事前に責任者に制服を何着か用意してもらうようにしましょう。

放置はしない

どうしても洗濯物は溜まってからまとめて洗えばいいやと思っている方が多いと思いますが、

雑菌がついた服を放置することは、その服のにおいがずっととれなくなることを意味します。

ですので臭いそうな服はなるべく早く洗濯をするようにしましょう。

最終手段は煮沸

菌を殺すのに最も最適なのが熱湯による煮沸

普通の洗濯方法では臭いが除去できなかった服に対して、本当に最終手段としてやってみるのもいいかもしれません…

 

Tom
TOM
周りへのエチケットとして服の臭いには気を付けていこう!

 

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }