栄養豊富なのに低カロリー!中東料理「フムス」とは…?


みなさんはこの写真の「フムス」と呼ばれる中東料理、何からできているか知っていますか?

ヒントは給食でよくスープの中に入っていた食べ物です。
もしかしたら苦手だったという人も多い食べ物かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!!

 


そう!ひよこ豆です!
一度はみなさん食べたことはあると思いますが、原産国の中東などではペースト状にして食べられていることを知っていた方は少ないのではないでしょうか。

そもそもフムスって何なのか、ひよこ豆って何なのか。
流行を先取りし、今回は紹介していこうと思います。

フムスとは?

 

View this post on Instagram

好きすぎてついに手作り🤤ひよこ豆のディップ、フムーースッッ!!💋💋🤲 中東発祥(ギリシャ説も🧐)のタンパク質たっぷりのフムス。練りゴマも入っていて栄養価が高く、コクがあって美味しい〜🌿 . ひよこ豆(火が通ってるもの)200g 練りゴマ 大2 にんにく 2かけ レモン汁 半個分 exバージンオリーブオイル大2 塩少々(クミンやカレーパウダーを少し入れるのも) ガーッとミキサーするだけ。💡 . ディップ、パスタやカレー、サンドイッチにも! ミキサーさえあれば簡単に作れて、お手軽にタンパク質を摂取できるのでめちゃめちゃオススメ🥳🥳❤️ . Did you know? Hummus can be main as a pasta!!😆 With mushrooms, garlics and some vegetables💕 These days I would prefer to make hummus rather than buy it😚Secrets are a pinch of curry powder and not to add water too much🌈 . . #hummus#homemade#recipe #healthy#beauty#beautyfood#フムス#手作りフムス#タンパク質#美容#健康

A post shared by 𝐑𝐢𝐧𝐚 𝐒𝐚𝐢𝐭𝐨 (@_rina_saito_) on

 

フムスとはトルコやギリシャなどの中東地方の料理で、ソールフードとして、古くから親しまれてきた料理で、茹でたひよこ豆に、練りゴマ、にんにく、レモン汁、オリーブ油、塩などを混ぜ合わせたペースト状のものです。

材料を見て分かるようにフムスは、食物繊維やたんぱく質をはじめミネラル、ビタミンも豊富で、栄養価が高く低カロリーなので、美容やダイエットにも最適なスーパーフードなんです!

そのため現在、レディ・ガガやアン・ハサウェイをはじめ海外セレブの間で話題になるほどだそうです。

フムスの作り方

材料

ひよこ豆(乾燥。一晩、浸水させておく。水煮缶の場合は400g) 180g
‣にんにく 1/2片
‣タヒニ(白ごまペーストでも代用可) 大さじ2
‣レモン果汁 大さじ2
‣オリーブオイル 大さじ3
‣ひよこ豆のゆで汁(なければ水) 50~100ml
‣塩

手順

①ひよこ豆をやわらかくなるまでゆで、あくをとり、ゆで汁はとっておく(なければ水でも可)。

フードプロセッサーににんにくを入れ、細かくなったらひよこ豆とタヒニ、レモン果汁、オリーブオイル、ひよこ豆のゆで汁50mlと塩小さじ1を入れ、なめらかになるまで撹拌する。かたいようだったらゆで汁を少し足して撹拌し、好みのかたさにする。器に盛り、まん中をくぼませ、オリーブオイル(分量外)を注ぐ。

以上!!材料とフードプロセッサーさえあれば簡単に作れるんです!

 

動画付きの詳しいフムスの作り方はこちらから。

このままではスキルがないため、乾燥の状態でよく売られているひよこ豆の戻し方について紹介していこうと思います。

ひよこ豆の戻し方・煮方

 

ひよこ豆を一晩、水に浸けておく

一晩とは、8~10時間くらいを指します。

ものによっては塩や重曹を入れる必要があるものもあるようです。

一晩経つと名前のようにひよこの様なくちばしがぴょこんと出てきます。

お鍋に移し替え沸騰させる

一度沸騰したら一度茹でこぼしを行い、もう一度新しいお水で沸騰させます。

この動画では匂いづけのためにローズマリーを入れていますね。

火は弱火で

二度目は水を一杯に入れ弱火でことこととひよこ豆全体に熱が通るように煮込んでいきます。

量にもよりますが大体20分ほどで柔らかくなります。

指の腹で軽く押しつぶせるくらいがちょうどいい硬さだそうです。

 

Tom
TOM

これで家でも簡単にフムスが作れるね!インスタ映え間違いなし!

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }