回らない寿司屋でのスマートな飲食作法を動画でご紹介! | マスタードTOM  

回らない寿司屋でのスマートな飲食作法を動画でご紹介!

誰しもが一度は夢見る「回らない寿司屋」。

七夕のお願い事に「回らない寿司屋に行きたい。」と書いている人もいることでしょう。

そこで今回はその願いが実際叶い、いざお店に向かうとなったときまでに知っておきたい寿司屋の知識や飲食作法などのマナーをお伝えしようと思います。

まずは簡単な作法をチェック

なじみのない高級店はどこか敷居が高いイメージがあり、分からないことだらけで不安…
しかし今回はここに挙げたことだけきちんとマスターしておけば恥をかくことはありません。
是非チェックしてみてください。

□事前の予約は必須

寿司屋は他のお店に比べ品数が多く、予約具合によってネタの仕入れを調整していることが多いです。
そのため来店の際は1週間前、遅くても3日前までには予約をしておきましょう。
この時おまかせかお好みで頼むのかどちらにするかも決めて伝えおくことをお勧めします。
また、予算や苦手なものがある場合などの不安は予約時に聞いておくようにしましょう。

□食べるのは手でも箸でもOK

高級店では高級店ならではのルール、作法があるのではと悩みがちですが、手でも箸でもどちらでもOK。
それよりもシャリをいかに崩さずスマートに食べることができるかが非常に重要です。
次章で正しいシャリの食べ方について紹介します。

□ゲタ・皿は手前におろさない


(ゲタとはお皿に乗っている簀の子のことを寿司屋では指します。)

上の写真のように回らない寿司屋では自分の目の前に寿司が提供されます。
このとき皿が自然に届く場所なら、そのまま口に運んで問題はありません。
取りづらければ小皿などにお寿司を移しましょう。

段差上のお皿は出来上がったお寿司が置かれる場所としてお客様が変わるまでは同じものが使われるものです。

さらに皿ごと動かすとシャリが崩れる可能性が高まるため、なるべく自分のところに持っていかないようにだけ注意をしましょう。

お寿司のスマートないただき方

普通の寿司ネタの場合

まず寿司を横にして、親指と中指、人差し指で挟んでネタの先にすこし醤油をつけて食べます。

お箸を使って食べる場合も同様に寿司を横にして持って、ネタに少し醤油をつけて食べます。

シャリに醤油をつけると崩れてしまう可能性があるので注意しましょう。

薬味がついたお寿司・軍艦巻きの場合

醤油にそのままつけると具材が崩れてしまう恐れがあるため、適量のガリを醤油に浸してシャリではなくネタに少しつけて食べるようにしましょう

このときガリは手で掴むことはマナー違反ではないようです。

参考文献

角謙二(2011)『大人のマナー大全』株式会社枻出版社

 

 

 

Tom
TOM

まずは回転寿司で練習してみよう!

お寿司の作り方に関しての記事はこちらから

肉寿司が自宅でも作れる!?ガスバーナーで炙る!握る!

寿司職人が動画で教える!酢飯の作り方

自宅で寿司パーティも!お寿司の握り方を動画で紹介

 

 

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }