QRコード決済で慌てないために 店員さん向けレジ打ち解説【PayPay】

ふと気が付いたら全国に普及していたPayPayなどのQRコード決済。

いつの間にか自分のはたらくお店にも導入されていて、使い方がわからない…そんな店員さん、多いのではないでしょうか。

使い方が複雑すぎて教わったけど覚えられない!

そんな悩める店員さんに向けて、QRコード決済にもう戸惑わないレジ打ちのやり方を徹底解説します!!

QRコード決済の仕組み

QRコード決済とは、あらかじめ銀行口座やクレジットカードなどを登録してある決済情報に紐づいたQRコード(バーコード)を読み取ることによってお金のやり取りをする仕組みです。

QRコードを読み取る仕組みさえあればキャッシュレス支払いを導入でき、クレジットカードの読み取り機を購入するよりも安価であるため、これまで現金支払いしか行ってこなかった店で導入が進んでいるようです。

QRコードの読み取り方式

QRコードの読み取り方式にはほとんどすべての会社で2つの方式が採用されています。

それはお客さん目線で、【見せる】と【読み取る】の2種類。

・【見せる】お店の端末でお客さんのQRコードを読み取る方式

・【読み取る】お店で用意したQRコードをお客さんのスマホで読み取ってもらう方式

それぞれ解説していきましょう。

【見せる】方式のレジ打ちのやり方

【見せる】のほうはSuicaなどの交通系ICカード、クレジットカードでの決済方法とさほど変わらないので、今回の解説では省略します。

別サイトですが、動画に加えて以下のサイトが詳しいのでそちらを参照してください。

【読み取る】方式のレジ打ちのやり方

問題なのは【読み取る】のほう…

ネット環境がない店舗向けのこの方法は、手順が多くて大変です。早速解説していきましょう。

手順

やり方は会社ごとにさまざまあって、まずは自分の店がどういうやり方を取っているのか知る必要があります。

支払い方法は大体以下の2つに分類できます。

①お店が金額を入れたあと、お客さんが読み取る

②お客さんが金額を入力してお店に見せる

ほとんどの会社で2つの支払い方法を選択できますが、POSレジがあまり普及していない飲食店では②の方法を採用している場合が多いようです。

そこで、②の方法についてPayPayの「読み取り支払い」を例に説明します。

お客さんの端末の操作を追いながら、どのように支払いが行われるのかを把握しましょう。

読み取り支払いの方法(お客さんの操作)

①アプリを起動し、「スキャン支払いを選択」。お店のQRコードを撮影する

②店名が合っていることを確認し、金額を入力。お店に見せる

③「支払う」を押し、お店に完了画面を見せる

④お店側に支払い完了メールが届く

お店の接客例

以上のような操作をお客さんにお願いすることになります。

お店の接客例として、トムに実践してもらいましょう。

 


―ごちそうさまでした。
トム
ありがとうございました。
お支払方法はいかがなさいますか?
―PayPayでお願いします。
トム
かしこまりました。
こちらのQRコードを読み取ってください。
―わかりました。
PayPay公式サイト

―店名を確認、金額を入力して…と。これでいいですか?

トム

金額合ってますね。はい、大丈夫です。
確認ボタンを押してもらえますか?

―はい。確認を押して。これで大丈夫ですか?

トム

完了メールとどきました。
大丈夫です、ご来店ありがとうございました!


決済後のレジ処理

QRコード決済をしたあとは、レジに決済を反映する必要があります。

多くのレジはまだインターネットにつながっていませんので、手打ちで金額を打ち直さなくてはいけません。

おそらく3年以内にはハイテクレジが普及するはずなので、それまでの辛抱ですね。

手打ちで金額を入力する方法はレジスターの種類によって異なりますが、

①商品/金額を入力する(たとえば、天丼/1080円)
②部門キーを押す
③小計キーを押す
④預り金額を打つ(同額の1080円)
⑤現/預キーを押す

という流れが一般的のようです。

まとめ

POSレジではない普通のレジでQRコード決済をする方法について解説しました。

PayPayや楽天ペイ、LINE Payなど、急速にQRコード決済が広まっています。

現金支払いがなくなる、そんな時代に来ているのかもしれません。

今はまだ技術が追い付いていないですが、レジが進化したら現金支払いよりキャッシュレス支払いのほうが簡単になるはずです。

時代に取り残されず、変化についていきましょう。

 

トム

マスタードTOMはそんなお店を応援しています!

 

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }