レモネード専門店から学ぶ美味しいレモネードの作り方

夏シリーズ第二弾‼

(第一弾は前々回の「エスプーマかき氷の作り方」です。今シリーズ化しました。)

今回はタピオカに次いで人気が急上昇中と言われている「レモネード」についてご紹介していこうと思います‼

人気のレモネード専門店「LEMONADE by Lemonica」

View this post on Instagram

🍋 ˚✧✨ ˚✧  昨日の「スッキリ #sukkiri 」でご紹介いただいた 【サンサンレモネード🍋🍋🍋】  搾りたてレモンをたっぷり使った レモンの味や香り、そして見た目も 楽しめるレモネードです💕  We make social community with serving Lemonade which gives Heartfelt kindness.  . #lemonadebylemonica  #lemon #lemonade  #lemonica  #レモネードバイレモニカ #レモネード専門店 #レモネード #レモニカ #レモン

A post shared by LEMONADE by Lemonica公式 (@lemonade_by_lemonica) on

 

若者の文化中心地「原宿」を含む全国に店舗を持つ「LEMONADE by Lemonica」。

レモネード専門店として今注目を集めているお店です!

ただおしゃれなだけでなく、原料を非常にこだわっているそうで、例えば時期毎に旬なレモンを取り寄せているそうです。

メニューもフローズンやホットなどのオーソドックスなレモネードから、チーズやキウイと合わせたレモネードなどおよそ20種類ものレモネードを取り揃えているそうです!

お店が気になった方はこちらのURLからチェック▽

そもそも「レモネード」って何?

レモネードは英語の「Lemon ade」から由来していると言われています。

「ade」とは英語で「果汁などを水で薄めた飲料水のこと」を指します。

(日本ではレモネードが一般的ですが、海外ではオレンジエードやライムエードなどもあります。)

つまりレモネードとはレモンシロップの原液を薄めた飲み物ということです!

レモンスカッシュとの違いは?

レモンスカッシュはレモンシロップの原液を炭酸で薄めたものを指します。

つまりレモンスカッシュはレモネードの1種ということですね。

レモネードを自分で作る人が増えている!

世界中で愛されるレモネードですが、作り方はとても簡単です。
材料も、レモンに砂糖、あるいははちみつといったもので、スーパーなどで手に入れられるものばかりです。
ジュースを買うより安いですし、ビタミンCをたっぷり補給できるヘルシーな点も魅力の一つといえるでしょう。

自分なりのレモネードを、冷やしてさっぱり、あるいはお酒に入れて、冬は温めて、それぞれの飲み方で楽しんでいるようです!

自家製レモネードの作り方

超簡単!レモンを漬けるだけのオーソドックスな作り方

1:00~ レモンを皮ごと丁寧に洗う

レモンを皮ごと漬けるため、事前によく洗っておきましょう。

1:46~ レモンを薄く輪切りにしていく

レモンを横向きにし輪切りにしていきます。レモンが漬かりやすいよう厚さは1~2cmを目安に切りましょう。
種はこの時に除いておきましょう。

4:35~ 瓶にレモン、砂糖、ハチミツを加えていく

大きめの瓶を用意し、レモン、砂糖、ハチミツを何回かに分けて入れていきます。
砂糖が溶けるまでは蓋を開け待ちです。

7:10~ 蓋を閉め混ぜる

果汁を全体に行き渡らせます。
全体の半分以上の量の果汁が出てきたら一晩冷蔵庫で寝かせて完成です‼

一晩待てない方必見!ミキサーを使ったレモネード原液の作り方

まとめ

いかがだったでしょうか?

ふと甘い飲みものが飲みたくなった時でも、レモネードの原液を作っておけば暑い外にジュースを買いに行く必要もありません!

ぜひこの機会にレモネード原液のストック作りを始めてみましょう!

おしゃれなレモネードの飲み方についてはレモニカさんのmenuを参考にしてみるのもいいかもしれません!

トム

レモネードでこの暑い夏を乗り切るぞお

 

関連記事はこちらから▽

美味しい氷でレモネードを飲もう!

どうしてバーの水道水は美味しいのか 透明な氷で家でもおいしいお酒を飲もう

おしゃれな氷でレモネードを楽しもう!

【アイスカービング】ウイスキーにピッタリ!氷を丸く削る方法をご紹介

 

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }