ねっとり「冷やし焼き芋」ダイエット 「レジスタント・スターチ」の力

焼き芋スイーツ戦国時代

2018年からブームになりつつある「焼き芋スイーツ」。

コンビニでも焼き芋を使ったスイーツがたくさん発売され、昔ながらのスイーツが一躍人気者に復活しつつあります。

たとえば、セブンイレブンの「さつまいもこ改め 焼きいもこ」

「焼きいもこ」は昨年大ヒットした「さつまいもこ」にクリームを追加した焼き芋シューアイスです。

他にも、ローソンでは北海道で大人気のスイートポテトであるかわいや「窯焼きポテト」を発売したりと、その焼き芋人気はとどまることを知りません。世はまさに「焼き芋スイーツ戦国時代」!

ファミマの新商品「ひんやり甘い冷やし焼きいも」

そんな中、今年に入ってあらたな刺客が送り込まれてきました。ファミリーマートのお惣菜シリーズ、お母さん食堂の「ひんやり甘い冷やし焼きいも」です。

View this post on Instagram

ファミマのお母さん食堂から ひんやり甘い冷やし焼きいも❤️ →268円 100gあたり163kcal (私のは110g入りだったので179.3kcal) めっちゃ美味しかった〜〜😋 ずっと気になってたやつ! まさか焼きいもが売られてるなんてね✨ 使われているのは国産の紅はるか🍠 触った感じは柔らかい! 食べてみるとねっとり柔らかくしっかり甘みがある💕 シンプルにさつまいもだけなのにスイートポテトのような味わい❤️さつまいもってこんなに甘いんだね! 体にもいいから嬉しい✨ さつまいも好きな人は是非(*´꒳`*) ✳︎内容量はそれぞれで違うみたいです。 ・ → @shiori_n.s #コンビニ#コンビニスイーツ#ファミマ#ファミリーマート#familymart #お母さん食堂#ひんやり甘い冷やし焼きいも#冷やし焼きいも#焼きいも#紅はるか#さつまいも#スイートポテト#スイーツ#オススメ#摂食障害#拒食症

A post shared by Shiori (@n.s.shiori) on

お惣菜と侮ることなかれ、柔らかい身は甘みがぎっしり濃厚で、まるでスイートポテト。焼き芋のねっとり感を十分に味わうことができると評判です。

焼き芋は冷やしてもおいしい?

「紅さつま」や「鳴門金時」といった昔ながらのほくほく系焼き芋は食べると口がぱさぱさになって食べにくいというイメージ。冷ますとなおのこと食べにくくなってしまいます。

対して、この「冷やし焼きいも」が使っているさつまいもは「紅はるか」。2000年代に入って初めて登場したしっとりとした品種です。冷やしてもねっとりおいしく食べられます!

冷やし焼き芋の作り方

そんなトレンドの冷やし焼き芋は超簡単に家でも作ることができます。

作り方は以下の通り。

①「紅はるか」などのねっとり系の焼き芋を買ってくる。

②次に粗熱をとってサランラップにくるみ、冷凍庫にいれる。

③10時間程度冷凍したら取り出す。

これで完成です!少しだけ常温において半解凍くらいで食べればコンビニスイーツにひけをとらない甘さとしっとりクリームのような触感が病みつきになります。

美味しい焼き芋の作り方

自分で焼き芋を焼きたいというひとのために。

お手軽に作るのは炊飯器調理がおすすめです。

ねっとり系の焼き芋を作るには、直火で焼くよりも炊いたほうが甘みが増しておいしくなるそうです。

たわしで泥を落としたさつまいもを炊飯器に入れ、さつまいも1個につき水50cc~100ccとともに「玄米モード」で炊く。炊き上がったら串を刺して、スムーズに通れば完成です。

さらにおいしく作りたい人はこちらの作り方がおすすめです。

1.アルミホイルで包なんだサツマイモを1~2時間、石で焼く(火は超とろ火で)。熱くなりすぎるようなら火を止めて余熱を使う。
2.触ってみて、全体がやわらかくなったら、糊化完了。焼いたサツマイモを70度前後のお湯と一緒に炊飯器に入れ、保温で4時間。ここでアミラーゼにより蜜を製造。
3.お湯から出し、再び石で焼く。この時、アルミホイルは開けておき、水分が外へ逃げるようにする。様子を見ながら1~2時間、低温で焼く。ようやく身から蜜が染み出た。

引用:飯通

ものすごく時間はかかりますが、そのぶん蜜たっぷりの激アマスイーツな焼き芋ができるみたいですね。

他にも焼き芋には便利グッズがいくつも発売していますので、ぜひ調べてみてください。

焼き芋は冷やすと便秘やダイエットにいい?

さつまいもは低GI(血糖を作りにくい)、低カロリーの食品として、ダイエットに適しているとされています。

さらにさつまいもなどのイモ類は冷やすと「レジスタントスターチ」を作り出して、さらに消化されにくくなります。

さつまいもをダイエット目的に食べるときは、加熱した後に冷やすことをおすすめします。ご飯、パン、さつまいものようなイモ類には糖質の一種であるでんぷんが含まれており、加熱され糊化したでんぷんの一部は、冷めることで再結晶化し消化されにくい構造に変化して、“レジスタントスターチ”と呼ばれています。 これは、消化されない(レジスタント)でんぷん(スターチ)という意味で、糖質であるにもかかわらず、食物繊維と同じように働きます。

引用:女子SPA!

つまり、さつまいもは冷やして食べることで、腹持ちもよくビタミン豊富な食べ物であるにもかかわらず消化されにくくなるためダイエットに適しているといえるのです。

まとめ

コンビニを筆頭に流行りをみせている焼き芋、その最先端として「冷やし焼き芋」をご紹介しました。

「冷やし焼き芋」は焼き芋を冷凍するだけという簡単料理ですが、ダイエットにも便秘にも効くというすごいスイーツだということがわかりました!

もうすぐ秋が始まります。もしかしたら、タピオカの代わりに焼き芋を持っているのがオシャレという時代も来るかもしれませんね?

 

トム

どんな時も、石焼き芋。

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }