ハラルの知識 前提知識からハラル認証まで | マスタードTOM  

ハラルの知識 前提知識からハラル認証まで

最近よく聞くハラールという言葉。
町のレストランに行っても、ハラール対応という文字がメニューにちらほら。
ハラールってなんだろう。健康食品? ちょっと惜しいがそうじゃない。
今回はわかっているようでわかっていない、そんなハラールについて解説していく。
最後にはハラール認証の取り方まで説明を載せた。
世界進出を考えている飲食店経営者は要チェックだ。


もう知らないでは済まされない

イスラム教を信仰しているひとはムスリムと呼ばれており、近年インドネシア、マレーシアといったムスリムの多い東南アジアの国からの旅行者が増えている。

ムスリムの人口はなんと世界人口の4分の1! その人数は2030年には22億人となることが予想されており、その市場規模は2015年の段階で日本が3800億ドルなのに対し、1兆1730億ドルと算出されている。

 

Tom
TOM

はんぱなーーーーい!!

今後ともマーケットの拡大が予測されているムスリム市場だが、対応は進んでいるだろうか。
ハラールとイスラム教は切っても切り離せない関係だ。もう知らないでは済まされないぞ。


はじめの一歩 イスラム教ってそもそもなに?

イスラム教はムハンマドという人物が神の啓示を受けたことで始まった。アッラーという神様を信仰するが、キリスト教の神様ともとをたどれば同じ。イスラム教の聖地はメッカという。○○のメッカという言葉を使ったことのあるひとは多いのではないだろうか。

イスラム教の信徒=ムスリムは六信五行を守っている。
六信=信じること・もの五行=行わなければならないことである。

イスラム教では上の礼拝や断食のように、信仰の実践が特に重視される。ハラールは単なる好き嫌いや食習慣ではなく、ムスリムの信仰の実践のひとつなのだ。
ムスリムではない私たちがその感覚を理解するのは難しいが、これからの世の中、歩み寄っていく必要がある。


ハラール食品→神に許された食べ物

ムスリムが絶対に豚肉と酒を口にしないのを知っている人は多いと思う。
健康食としても人気になっているハラール食品だが、そもそもハラールとはなにか。

イスラーム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームといいます。そして、最近ではそれ以外のハラールでない物の事を非ハラール(non halal)と称する事もあります。https://jhalal.com/halal

ムスリムは、コーラン(イスラム教の聖典)に基づいたイスラーム法を厳格に守っている。
つまり、ハラール食品とは、ムスリムが食べることを神に許された食品だ。
ハラールはムスリムの日々の生活のすべてを定めており、食べ物の制限はその一つに過ぎない。


ハラームな食品(食べない食品)

あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣が食い残したもの、(ただしこの種のものでも)あなたがたがその止めを刺したものは別である。(コーラン5章3節)

「食べることを許されない=ハラームなもの」以外は原則ハラール。
つまり、ハラームなもの・ことだけを知っていればハラールはマスターしたも同然だ。

早速ハラームについて見ていこう。

ハラームの決まりは厳格で、たとえば原材料に含まれていなくても、豚と同じ場所で調理した食べ物はすべてハラームとなる。
インドネシア味の素事件


ハラームの基本

  • ハラールな方法で屠殺されていない動物
  • ナジス(不浄なもの)を含んだもの
  • 毒物
  • 健康に害のあるもの
  • アルコールを含むもの
  • ナジスに触れた機具を使用して製造されたもの
  • 人体的なものが含まれたもの
  • 全ての製造工程においてハラームなものから分離されていないもの

食べられない動物

  • ハラールに屠殺されていない動物
  • ナジスなもの:
  • 牙をもち、その牙で獲物を得る動物:虎、クマ、象、猫、猿など
  • 捕食動物:鷹、フクロウ等
  • 害虫、毒性をもつ動物・昆虫:ネズミ、ゴキブリ、サソリ、ヘビ、など
  • イスラム法で殺してはいけない動物:ミツバチ、キツツキなど
  • 不快なもの:のみ、しらみなど
  • ナジスを餌として与えられていたハラールな動物
  • その他、イスラム法で食べてはいけないとされる動物:ロバ、ラバ

水の生き物

  • 水の中以外では生きられない生物はハラール:など
  • 毒性があり、人体に悪影響のある生物はハラーム、ただし、調理の際にそれらを取り除いた場合はハラール。:フグなど
  • 水の中と外の両方で生きられる動物はハラーム:ワニ、カエルなど
  • ナジスを餌として与えられたハラールな生き物

意外なハラームの食べ物


醤油・味噌・酢
醸造の過程で発生したアルコールは可だが、アルコールが添加されている商品もあるので、要確認。みりんやマヨネーズも注意する必要がある。
ゼラチン
ゼラチンは豚の皮が原材料。これによって多くのお菓子がアウトになる。
ラード
豚肉由来の脂肪は意外と色々なところに入っている。マーガリンや乳化剤は植物由来でなければハラールではない。アイスやスープなど様々なものに入っているので注意。

 

応用編:ハラール食品を提供するには?

ハラール食品を提供する一つの手段として、日本国内でハラール認証を専門機関から受けるというものがある。上の図はハラール認証を受けていることを証明するマーク。国によって違うので、旅行のさい集めてみるのも楽しいかも。

ハラールはムスリム共通の原則だが、ハラール認証の基準・制度的裏付け・認証する組織の形態は国によって異なる日本国内にもそれぞれの国の基準に応じた認証機関が複数存在するが、日本国内の統一基準はない。図で見てわかるとおり、宗教法人だけでなくNPO法人も認証を実施していたりする。

飲食店でハラール認証を受ける場合には、まず日本ハラール協会の開催している講習を受けることをおすすめする。

https://jhalal.com/seminar

ハラールの認証を受けるまでには、面談→事前審査→書類監査→現地監査と多くのステップを踏む必要があり、さらに有料なので、認証の取得は簡単ではない。

ハラールはチェック事項はハラール食品を扱っていることは前提として、トイレなどの内装までも審査対象だ。ハラールであること以前に、衛生的安全をも見られているのは言うまでもない。

詳しくは同じく日本ハラール協会の作成しているガイドラインを見てほしい。

また、実はハラール認証を取らなくてもハラール食品を提供することはできる。もちろんハラール対応しているという前提で、だ。嘘の表記をすることは重罪だ。


まとめ

2020年に東京オリンピックを控え、この先ムスリムの旅行客が増えることは容易に予想できる。
ムスリム市場を意識してハラール対応していくのは経済的にも大事だ。しかし、今の日本はムスリムのひとびとが来ても食べられるものが少ない、お祈りができる場所(モスク)が少ないという不便な現状がある。
交通とインターネットが整備されて、遠い外国も隣の町のように感じられる世の中になった。その時代でできることはなんだろう。
イスラム教はもう外国の話ではない。隣人のために、まずは知ることから始めていこう。


●ハラールについてもう少し詳しく知りたいという人はこちらの動画をチェック

京都ハラール評議会という団体が作っているチャンネルで、ハラールの専門家と京都大学の教授がわかりやすくハラールとイスラム教について解説してくれている。

 

Tom
TOM

ハラル料理は普通に食べてもヘルシーでさっぱりしてておいしいよね!