大人気!「炭焼きレストランさわやか」のげんこつハンバーグ提供シーンの解説 | マスタードTOM  

大人気!「炭焼きレストランさわやか」のげんこつハンバーグ提供シーンの解説

静岡県にのみ店舗を構える大人気「炭焼きレストランさわやか」。
行ってみたいと思っている方も多いと思います。
そこで今回ははじめてさわやかに行く方のために、何を頼めばいいのか、商品の提供はどのような流れで行われるのかなどをご紹介致します!
さわやかで働きたいと思っている方にも参考になると思うのでぜひご覧になっていってください!

炭焼きレストランさわやかとは?

ふじのくに 静岡県公式ホームページより

炭焼きレストランさわやかは、静岡県内にのみ展開しているレストランです。
元々はコーヒーショップとして地域に根差したお店を展開していたそうです。
1989年に店名が「炭焼きレストランさわやか」に変更された後も、地域とのつながりを大切にし地元民から人気を集めていました。

なぜ人気に火がついたのか

地元の人には知られていたものの、県外の人にはあまり認知度がなかったさわやかがなぜ今のような県外の人からも人気を集めているのでしょうか?

1つ目の理由として、芸能人やテレビ取材の来訪があるのではないかと考えています。
その中でも大きなバズリとして記憶に残っているのは、ONEOKROCKのメンバー来訪と火曜サプライズという番組の取材が立て続けにあった辺りではないでしょうか?(何年前かは忘れてしまいましたが、おそらく2015年辺りです。)

2つ目の理由として、確かな美味しい味が保証されていることです。
自社で作るハンバーグは大自然に恵まれたオーストラリア指定牧場で、安全・健康に育てられ、穀物肥育した食肉専用種。また、通常ハンバーグに使われるトリミング肉(肉の端材)は使わず、ブロック肉(指定部位)を使用。静岡県袋井市の「げんこつハンバーグ工場」では、独自の技術で「大腸菌ゼロ」を実現し、世界レベルの安全基準ISO22000を取得しているそうです!そして本当に美味しい!!

最近の混み具合

最近のさわやかはこれらの理由があって大人気レストランとなり、連日混み具合がとんでもないことになっています(笑)
特に土日や祝日、イベントが何かしらある日などはお店にもよりますが2時間待ちなんて当たり前の状況です。
みなさんさわやかに行く際、長い時間並びたくないなという場合は平日の昼か夜に行くのがおすすめです!

こちらの画像は先日の2019年12月30日の御殿場店の待ち時間画面です。
御殿場店が最東店ということもあり休みの日はとんでもなく混みます!

さわやかの公式ホームページで現在の待ち時間が表示されているので、来店の際はチェックしたりそのお店の混む時間帯などを分析してみてください!

さわやか 公式ホームページ

人気メニュー紹介

そんな現在大人気の炭焼きレストランさわやかにはメニューがいくつかあるのですが、一番の人気おすすめは何といってもげんこつハンバーグです!

さわやか 公式ホームページ

メニューを見てもこんなに大きく掲載されています!
これを食べずにさわやかは語れないと言えるくらいの看板メニューです(^▽^)
炭火で焼いたことによるお肉本来の美味しさ、肉肉しさは他のお店ではなかなか味わえないなと思っています!

そんなげんこつハンバーグをさわやかに行った際には味わってほしいのですが、このげんこつハンバーグを頼んだ際に覚えておくといい店員さんからの質問や提供時の動きがあります!
初めて行く方のために今からその詳細をご紹介していきます!

どんな流れでげんこつハンバーグが提供されるのか

こちらの動画を見ると商品が提供されてからの流れが分かると思いますので、まずはこちらのさくやちゃんねるさんの動画をご覧ください!

 

机に用意されたシートを半分自分の方に折り油をガードする

ハンバーグを目の前で切ってくれるため、どうしても油が飛び跳ねてしまいます
そこで店員さんから目の前の机に用意されたシートを半分くらい机に残し、半分は自分に油が跳ねてこないように折り曲げて持っていてくださいと最初に言われると思います。(動画では入っていませんが。)
下の写真のようにシートを持ってハンバーグが切られる様子を眺めて待ちましょう!

鉄板は熱々になっているので触らないように注意!
(実際やけどをした友人を見たことがあります。)

ハンバーグを切って鉄板の上で断面を熱してくれる

シートをセットするとすぐに店員さんがハンバーグを切ってくれます。
ナイフと大きなフォークのようなもので素早く切ってくれる姿にいつも見惚れてしまいます。

おそらくこの切っている調理器具はこんな感じのを使っているのではと思います。ミートフォークと呼ばれるそうです。
(全く同じものではないと思います。)

 お肉の赤身は新鮮な証拠

さわやかのげんこつハンバーグを食べる際に1つだけ不安になるのが中身が少し赤いことです。
中身が少し赤いのはお店の間違いではなく、どのお店でも統一されていることなのでご心配なく。
牛肉100%のため中身が少しレアな状態が最もおいしく食べることができるよう工夫されているようです。

以前はお肉を切って鉄板に断面を熱してくれるときに「中身が赤い程度が一番美味しく召し上がれますが、よろしいでしょうか?」ということを店員さん側から尋ねてくれて、赤いのが嫌な人は少し長めに断面を熱してもらえたりしやすかったのですが、平成30年に店員さんの提供時のセリフが変更されたらしく、中身が赤いとは言わなくなったそうなので中が赤いというのが正解だということは頭に入れておきましょう。

詳しくは動画投稿者の葵桜玖耶さん(さくやちゃんねるさん)のTwitterに掲載されていますので気になった方はご覧になってみてください。

葵桜玖耶さんのホームページ 【静岡市観光&グルメサイト『みなと町でも桜は咲くら』】ほこちらから

 【プチ裏技】ソースは二種類両方選べる

最後にプチ裏技をお伝えしたいと思います。

ハンバーグを注文時に二種類のソースどちらにするかを聞かれます。
このとき「ハーフ&ハーフでという魔法の言葉を言うと、オニオンソース、デミグラスソースを半分ずつかけてくれるという夢のWソースを味わうことができるんです!
ぜひ両方の味を楽しみたい方は試してみてください!動画でもWソースになっていますね。

通は塩で食べる

ソースは店員さんが「ソースをおかけてよろしいでしょうか?」と尋ねてくれるため、自分でかけますというと自分好みのソースの量で食べることができます!

通の人はハンバーグをで食べるそうです。
塩をかけてハンバーグを食べると普通に食べるよりも甘みが増してお肉の味を更に楽しむことができます!
もちろんソースのうえに塩をかけても美味しく頂けます!

まとめ

今回は炭焼きレストランさわやかのげんこつハンバーグの提供シーンの解説を行いました。
これであたふたすることなくまるで地元民かのように優雅にハンバーグを味わうことができるでしょう。

並ぶまでの価値があると私は思っています!みなさんに一度は食してもらいたいものです!!
食す際にはまたこのページを見て確認をしてみてください。

トム

記事を書いたらさわやか食べたくなってきた…。