クレープ屋さんのクレープの焼き方が知りたい!知れば簡単?プロのスキル | マスタードTOM  

クレープ屋さんのクレープの焼き方が知りたい!知れば簡単?プロのスキル

日本ならどこに行っても見かけるクレープ屋さんの屋台。たまに買ってみると、目にもとまらぬ速さで生地を薄く延ばして焼き上げる店員さんのスキルに目を奪われちゃいますよね。小さいころにクレープ屋さんに憧れていたという方は多いのではないでしょうか。

この記事では、バレンタインにもおすすめ、クレープの焼き方をお店さながらの本格的な焼き方と自宅でもできる簡単な焼き方の2種類をご紹介します。本業のアルバイトさんも予習用にどうぞ。

クレープシリーズ第弾!この焼き方をマスターすれば、クレープだけじゃなく、ミルクレープやガレットにも応用することができます。ぜひ記事を読んで挑戦してみてください!

クレープの材料

(約5枚ぶん)
牛乳…220
ml
薄力粉…50g
砂糖…10g
塩…ひとつまみ
卵…1
無塩バター…ひとかけら
サラダ油(焼く用)…少々

まず、ボウルに砂糖を全量混ぜ合わせます。空気が入りすぎると焼くときに気泡が入ってしまうので、黄身と白身が混ざるくらいで大丈夫です。

次に牛乳を半分入れて軽く混ぜたあと、薄力粉を漉し網にかけながら入れて、ダマがなくなるまで混ぜ合わせます。ダマがなくなったら残りの牛乳を入れてもう一度軽く混ぜます。

最後に溶かした無塩バターを入れて混ぜたのち、作った生地を漉し網で漉して完成です。

本格的な焼き方

必要なもの

・丸型の鉄板
・トンボ
・パレットナイフ(スパチュラ)

鉄板

鉄板は業務用のクレープ向けの鉄板を想定していますが、家庭向けのものも販売されています。ホットプレートがあればそれでもよいでしょう。大きめのフライパンでも可能です!

トンボ

トンボとは、クレープを薄く広げるためのT字型の道具。クレープに触れる部分が丸くなっているものと四角くなっているものの二種類がありますが、丸型のほうがトンボの角度を一定に保ちやすく生地が破けにくいため、初心者におすすめです。

パレットナイフ

パレットナイフは生クリームをケーキに塗り付けたりするための道具ですが、ここではクレープを鉄板からはがすために使います。家庭だとへらでも代用できるでしょう。

焼き方のコツ

トンボは水に浸けよう

何が一番難しいかといえば、生地を均等に薄く延ばす作業ですよね。もちろんこのやりやすさには生地の粘度が重要になってくるのですが、大事なポイントがもう一つあります。それが、「トンボを水にぬらすこと」です。

鉄板の横に水をはったタッパーを置いておいて、使わない間はトンボはずっと水の中に入れておきましょう。こうすることでトンボが鉄板の上で引っかからずにうまく延ばすことができるようになります。

火力を調整しよう

生地を焦げ付かせないように、火力を調整する必要があります。目安の温度は200℃です。

○水を落としたらジュジューっと大きな泡で4秒前後で蒸発する状態 →160℃
○水を落としたらジュジュっと小さな泡が出る状態 →180℃
○水を落したら玉になりジューっと焼き板の上を走る状態 →200℃
引用:クレープ焼き器レンタル専門店

力を抜こう

トンボを鉄板に力を込めて押し付けてしまうと生地に穴が空いてしまいます。そのためできるだけ力を抜いて、トンボの重さだけで生地を延ばしていくことが重要です。

また、何周もトンボを回してしまうと生地に穴が空いてしまうので、回す回数はお玉1杯の生地の量であれば大体3~4周くらいが目安です!

自宅でできるやり方

さて、以上が専用の鉄板を使ったクレープの焼き方の解説でしたが、自宅ではフライパンを使って簡単にクレープを作ることができます。

やり方は簡単。サラダ油を敷いたあとフライパンに生地を流し込み、生地が均等に広がるようにフライパンを傾けしばらく置くだけ。二枚目以降は油を敷く必要はありません。

火力は中火よりも少し弱いくらいで焼き上げます。フライパンだと、生地が勝手にきれいな円状に焼き上がってくれるのでとても楽ですね。

コツは少なめに生地を入れること。入れすぎると生地が厚くなってしまい、もったりとしておいしくなくなってしまいます。生地が足りなかったら継ぎ目を足せばよいのです。

このやり方なら何枚でも焼けますね。ミルクレープだってちょちょいのちょいです!

まとめ

焼き方に注目して、クレープ生地の作り方を本格的な鉄板で焼き上げる方法とフライパンで簡単に焼き上げる二つの方法をご紹介しました。

簡単だ、と言いたいところですが、きれいな円状に焼き上げるのにはやはり少し練習が必要なようです。ただし、それだけ特別感のあるレシピ。多少手間はかかりますが、ぜひバレンタインに作ってみてくださいね。

 

トム

ガレットはカリカリに焼き上げようね。

第2弾!クレープが焼けたら巻いてみよう

ホイップクリームの置き方でこんなに違う!?クレープの巻き方6種

バレンタインにはこちらの記事もチェック!

【バレンタイン】チョコペンの使い方~可愛いメッセージプレートを作るパイピングスキル~

チョコがまるで粘土のよう!「プラチョコ」でバラを作ろう【フラワーバレンタイン】