茹で時間が5分で済んじゃう!忙しいあなたに向けたタピオカの茹で方 | マスタードTOM  

茹で時間が5分で済んじゃう!忙しいあなたに向けたタピオカの茹で方

昨年大流行したタピオカ。このまま日本の食文化に定着しそうですよね。

最近になってタピオカ屋の行列が落ち着いてきたので買いに行くことが増えたのですが、少し並んでいたり若い人がいっぱいいたりすると買うのをためらってしまいます。。
でもあの美味しさを味わいたい、、そこで今回はお店に並ばずとも食べることができる!お家でのタピオカの作り方についてご紹介していきます!

そもそもタピオカとは?

タピオカは、「キャッサバ」という芋の根茎から採ったデンプンから出来ています。このデンプンを水で溶かして加熱し、粒状にして乾燥させた物が「タピオカパール」と呼ばれ、これを茹でたものが、私たちが食べているタピオカとなります。通常は乳白色から半透明の色をしており、黒い色のブラックタピオカは通常のタピオカをカラメルで色付けをしたものなんです!
参考)https://recipe-memo.jp/22549

カラメルで色付けされる前のタピオカは甘い味はせず、味の薄いお餅のような感じがします。

キャッサバとは?

原産地は南米。日本ではタピオカを作る以外には使われていない芋のようです。

実はキャッサバの根には毒があり、東南アジアなどで収穫されたキャッサバは一度無毒化され、日本に輸入されているそうです!
キャッサバの見た目はこちらの写真からご確認ください。

茹で時間がたったの5分!?タピオカを簡単に作る方法

準備する材料

タピオカを作るにはキャッサバを取り寄せて1から作るなど凝ったやり方もできますが、今回は簡単、時短にタピオカを作る方法ということで少しずるい気もしますが、カルディーやネットでも買うことができる乾燥タイプのタピオカでカラメルですでに色付けもされている「ギャバンブラックタピオカ」を使っていこうと思います!

大粒のものより小粒のタピオカの方が茹で時間がかなり少なく済みます!

これよりも・・・

これ!

 作り方・手順

 

普通にタピオカを茹でるとなると1、2時間くらいの時間を要します。
ちょっとそれは光熱費的にも時間的にもきついですよね。しかしこれがちょっとしたことでなんとたったの5分の茹で時間で済ませることができるんです!

こちらの動画に沿ってこれから説明していこうと思います。

 

タピオカを一晩水につけておく

タピオカを明日食べたいなと思ったらすぐ水につけておくようにしましょう!
タピオカが水分を吸収することで、温かいお湯も浸透しやすくなりすぐに茹で上がることができます!
下のような写真のように少しふやけて大きくなっているのが分かると思います。

YouTube

 

なんとこのひと手間をするだけで本当に5分の茹で時間でタピオカを作ることができるんです!
タピオカを茹でるときは浸した水を熱して使って節水にもなりますね。
嘘だと思って試してみてください!
芯の残りがあるかは一応味見をしつつ確かめてみてください!

魔法瓶で作るタピオカ

上の方法でも面倒だなと感じた方向けにさらに簡単な魔法瓶でタピオカを作る方法についてご紹介致します。
この方法を使えばどこでもタピオカが作れちゃう!?
(小粒のタピオカにのみできるのでお気をつけください。)

保温性の高い魔法瓶などに、タピオカを大さじ3杯ほどいれ熱湯をたっぷりと注ぎます。そしてそのまま4時間ほど放置し、途中タピオカがくっつかない様にこまめに振ります。開けて透明になっていたら茹で上がった証拠です。あとは、ザルに移し冷水で冷やしましょう。

参考)https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1290008584/

まとめ

今回はタピオカを家で簡単に作る方法についてご紹介しました!
水につけておく方法は本当に便利で、茹で時間を約90%も減らすことができるのでぜひ試してもらいたいです!

トム

これで僕のタピオカ生活も始まる…!

タピオカと一緒に飲みたい!チーズティーについてはこちらの記事をチェック

今話題のチーズティーが簡単に作れるって知ってた? ヨーグルトで作るチーズティー