TikTokで話題⁈紙風船でポップコーン 電子レンジがあればポップコーンは簡単 | マスタードTOM  

紙風船でポップコーンを膨らます方法

みなさんは「#TikTokグルメ」というハッシュタグをご存知だろうか?
中高生を中心に大流行中のTikTokというアプリ内の動画についているハッシュタグの一つである。
先日このハッシュタグで、とある動画がバズった。

紙風船でポップコーン作ってみた

TikTokのツイッターを貼っておくのでぜひご覧になっていただきたい。

 

 

ポップな音楽とは裏腹にかなりの衝撃映像だっただろう。

ポップコーンというと、家で作るとなったらフライパンに油を敷いて蓋をしてポップコーンが弾けるのを待つ、という作り方を思い浮かべる方が大半ではないだろうか。

それがなんと、「紙風船」で?!しかも「電子レンジ」で?!

さらに紙風船がお皿代わりになって見た目も可愛い!といった理由で、多くのユーザーから反響があったのだろう。今回知らなかったという方のために、実際の作り方から紙風船の代用策までお伝えしていこうと思う。

紙風船×ポップコーンの作り方

①紙風船を軽く膨らませ、拭き口の穴をロート状に凹ませる。

②拭き口から膨らむ前のポップコーンを投入する。

③拭き口に蓋をする。しなくてもいいが、蓋をするとコーンがはぜやすくなる。

④電子レンジに入れ温める。

目安 使用電子レンジ 400w 500w 600w
加熱時間 約2分30秒~3分 2分~2分30秒 1分30秒~3分

 

⑤ポップコーンのはぜる音が聞こえなくなったらスイッチを切る。

⑥みかんの皮を剥くように紙風船の吹き口から縦に半分程度まで破る。

※調味料は温める前後お好みで入れることができる。

なぜ電子レンジでポップコーンができるのか?

 

ポップコーンに使われるポップ種(爆裂種)の乾燥とうもろこしは、種皮が硬く、胚の部分の両側に水分を含む部分がある。
電子レンジには極超短波をつくる装置があり、そこから出た電波がコーンに吸収されると、コーンの中の水分が摩擦運動をおこし、熱が発生する。

その熱でコーンの水分が蒸気になり圧力がどんどん高くなって、あの堅いコーンの粒をはじけさせるのだ。つまり、空気を入れ過ぎた風船が割れるのと同じである。

紙風船って衛生的に大丈夫?

紙風船ってそもそも衛生的にどうなの?紙風船の成分が溶けだしたりしていない?など考えうる懸念点はいくつかあるだろう。
市販の紙風船で調理する場合は、拭き口の鉄紙を取ることが注意点であるが、何か心配…。

そんな人のために、なんとポップコーンを作るため専用の紙風船が売っていたので掲載しておく。鉄紙を使わず、また安全なインクとのりを使っているため、健康を害するものが混ざるということはないようだ。お値段も10枚入りで756円(税込み)とお安めである。

ポップコーンを作る専用の紙風船購入はこちらから

紙風船じゃなくてもできる?

家に紙風船があるという家庭は少ないだろう。

Tom
TOM

ポップコーンを大量にパーティーで作るなら、紙風船を買って作ればいいけど、一人で食べたいとなった時にわざわざ紙風船を買うのは…。

と思ったそこのあなたのために今回紙風船に代用でき、かつ身近にあるものを探してみた。
(衛生にこだわるのであればここから下はあまり参考にはならないだろう…)

① マクドナルドの紙袋

マクドナルドで持ち帰りを注文した際にもらえる紙袋。今までは食べ終わったごみを入れて一緒に捨てられていたことだろう。

これからは捨てずにとっておいてポップコーンを作るときに使用してみよう。ただし、ポップコーンを入れすぎたら爆発しかねないため量には注意が必要だ。

なお、衛生面気になる方はマクドナルドの店員さんに新しい紙袋をもらうといいかもしれない。(そこまでして、という感じではあるが…)

② A4封筒

会社でポップコーンが食べたくなったらいつでも作ることができるとは思いもよらなかった。

これなら会議中でもポップコーンが食べられる!音と匂いにだけは注意して周りの方の配慮は忘れずに。

間違えて先方にポップコーンを送ってしまうことにだけは気を付けよう。

まとめ

今回は紙風船でポップコーンを作る動画から、紙風船に代わる物でポップコーンを簡単に作る方法を紹介した。

紙風船×ポップコーンは、紙風船を剥いて食べるという面白さから子供たちと一緒のパーティーで目を引くこと間違いなしだ。

一人ですぐに食べたいときは紹介したほかの方法を活用してみよう。
今回紹介した袋以外に面白いものがあったら是非紹介していただきたい。

 

Tom
TOM

レンジでチンするポップコーンレターとか面白いかもしれない。

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }