漂白剤は酸素系を使おう キッチンでの漂白剤の使い方

料理をしたあと、食器やふきんを洗剤で洗うだけにしていませんか?

 

 

洗剤だけでは落ちないシミを落とすのが漂白剤の役割。でも漂白剤は匂いもすごいし、手もかぶれてしまうので避けてしまいがち…ですが、実は漂白剤はキッチンであまり使わない還元系の漂白剤を除くと、2種類あるんです。

 

塩素系と酸素系。混ぜるな危険。そんな言葉をよく耳にすると思いますが、あまりその違いは意識してこなかったのではないでしょうか。

 

この記事では、普段使っている塩素系よりずっとお手軽な酸素系の漂白剤を紹介するとともに、キッチン汚れを簡単に落とす漂白剤の使い方を紹介します。

 

漂白剤の豆知識 漂白剤について知っていますか?

 

漂白剤は、化学反応を活用して色素を分解してはがしてくれる薬剤のことです。

たとえば髪の色を抜くブリーチですが、あれも実は漂白剤なんです。

洗剤とはちがって漂白剤は汚れの原因物質から分解してくれるので、「漂白」「シミ抜き」のほかに「除菌」「脱臭」の効果もあります。

 

塩素系

「カビキラー」や花王の「キッチン泡ハイター」はこっち。

酸素系に比べて強力な漂白力が持ち味で頑固なシミ落としに大活躍!

ですが、学校のプールのような独特の生臭い気体が発生します。使うときには換気扇を回すか窓を開けましょう。また、その強力さゆえお皿やふきんの絵柄や色を落としてしまうこともあるので、色つきのものには使えません

手で直接触れてしまうと手が荒れるので、すぐに水で洗い流しましょう!

 

 

酸素系

代表的なものだとシャボン玉石けんの『シャボン玉 酸素系漂白剤』。

漂白効果は塩素系漂白剤に比べるとあまり高くありませんが、キッチン周り程度であればこっちでも十分汚れは取れます。

発生する気体は酸素なので人体に無害です。さらにあまり漂白力が強くない分、色がついている食器やふきんにも使用できます。酸素系漂白剤は穏やかで扱いやすいところがメリットで、家庭におすすめの漂白剤です!

 

 

酸素系漂白剤の使い方

 

漂白剤は全然難しくありません。

作業工程はたったの3つ。さっそく動画と一緒に見ていきましょう。

 

酸素系漂白剤をお湯に溶かす

酸素系漂白剤には液体タイプと粉末タイプの2種類がありますが、漂白力がより強い粉末タイプがキッチンにはおすすめです。分量は2Lのお湯に対し大さじ1杯(8グラム)。

お湯の温度はお風呂の温度。40度以上でないと効果が小さくなるので、必ず水ではなくお湯を使用しましょう。

 

穏やかな酸素系といえども、手で直接触れるのは危険です。必ずゴム手袋をして洗ってください。

 

15分から30分ほど食器を浸ける

汚れがしっかりとお湯に浸かるようにしましょう。しだいに泡がぶくぶくと浮き上がってきますが、これは酸素なので安全です。泡に乗って汚れがどんどん落ちていくのが見ていて楽しいです。

浸けている間にお風呂に入るのがよいでしょう。

 

水ですすぐ

漂白剤は人体に有害なので、しっかりと水ですすぎます。これで終わり。簡単でしょ?

まな板を洗うには?

 

まな板は食器桶に入らなくて漂白剤に浸けるのが難しいです。そこで、清潔なふきんを用意します。

まず、食器やコップを洗うときと同様に、酸素系漂白剤をお湯に溶かします。その中にふきんを入れ、絞らずにまな板に被せるだけ。あとは同じです。

お湯が冷めてしまうと効果が薄まるので、60度程度の熱々のお湯にするのがコツです。

ふきんやスポンジも大丈夫?

 

ふきんやスポンジも同じように漂白できます。この動画がわかりやすいのでご紹介します。

 

ふきんやスポンジもお皿やコップと同じようにお湯に溶かした漂白剤につけることで漂白できます。動画のように、水ですすいだ後に600W・3分間レンジでチンすると殺菌もでき、すぐに乾くので生乾きの臭いを抑えられるのでおすすめです。スポンジはスチールが混じっていることがあり、チンした時に火花が出ることがあるので注意してください。

まとめ

 

漂白はじつはほとんど浸けおくだけなのです。漂白剤は食器やふきんを白くするだけでなく殺菌効果もあるので頻繁に漂白をして、ぴかぴかなキッチンライフを!

 

 

Tom
TOM

髪をブリーチして金髪にしたいんだけど、似合うかな??

 

こちらの記事もチェック!

炊飯器の掃除ってしたことある? ご飯を美味しく炊く―炊飯器編―

水に頼らない皿洗い 皿洗い高速化の秘訣とは?

.movie-wrap { position: relative; padding-bottom: 56.25%; /*アスペクト比 16:9の場合の縦幅*/ height: 0; overflow: hidden; } .movie-wrap iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }